UTUWAのブログ

笑いとふざけと、時々、まじめ。

真っ赤な空を見ただろうか

 

こんにちは、長坂です。

 

すっかり秋めいたというか、

肌寒い日ですね。15℃超えてればあったかいと思ってたら、

思いの外寒くて、家では毛布にくるまる日々です。

 

 

 

さて、今週のお題は「おすすめ」ということで、

まぁ僕がおすすめ出来るほどかじったものなんて

いくらでもないので、パッと思いついたものを。

 

 

 

youtu.be 

 

 

 

岡本さんも音楽関係で、連続しちゃうんですが。

物心ついた時からずっと好きなBUMP OF CHICKENさんです。

 

 

 

最近タイアップが一層増えて、広い世代に認知されるようになりました。

最近はポケモンとタイアップしてみたり、

youtu.be

 

 

 

青春時代に読み込んだ咲坂伊緒先生の

「思い、思われ、ふり、ふられ」のアニメ映画の主題歌にもなりました。

youtu.be

 

 

 

僕はずっと彼ら、特にVocalの藤原さんの言葉選びにずっと感銘を受けています。

 

一番最初に貼った「Aurora」では

最初の方「自分で涙拾えたら いつか魔法に変えられる」

 

 

ポケモンのタイアップの曲「アカシア」では2番の最初

「君の一歩は僕より遠い 間違いなく君の凄いところ

 足跡は僕の方が多い 間違いなく僕の凄いところ」

 

 

一番最後の「Gravity」という曲では

「触ったら消えてしまいそうな 細い指の冷たさが

 火傷みたいに残ってる」

 

 

 

紹介は最近の曲ですが

常に正と負の関係性とか、対比的な構造や視点、

抽象的な表現というか、感覚に昔から憧れを持っています。

 

そういう言葉選びだからこそ、

誰にでも当てはまるというか、自分の人生にトレース出来て

映像的な描写が出来るのだなと。

 

「僕らの曲はいつでも側にいる」

 

背中を押す、のではなく寄り添う。

 

 

それがすごく素敵だなと最近改めて思っています。

 

 

 

是非歌詞なんかを眺めながら、秋の夜長を楽しんで欲しいなと思います。

 

 

 

 

f:id:TakeP:20201110152241j:plain

UTUWA入り口からの空模様。

「真っ赤な空をみただろうか」

これもBUMPさんの曲からとっています。

まさにそんな感じの空でした。